ショートの旅ブログ

自分が体験してきたことを記事にしてます。誰かに届きますよーに!

コーヒー

どうも、

 

さっそくですが、

 

 

コーヒー、苦手ですか?

 

 

 

 

 

実は僕は苦手でした。

 

 

 

今は3日に一回はコーヒーを飲むほどの人間ですが

 

 

専門学生くらいの時は苦手で、

 

”飲む”という概念は僕の中にはありませんでした。笑

 

 

 

ただの黒い液体。ほんとこれにつきます。笑

 

 

いつだったか、インスタかTwitterでみたんですが

 

 

Aさん

『お茶や、コーヒーという飲み物は、

もともと何のために飲まれてたのか知ってますか??』

 

 

Bさん

『カフェイン摂取??殺菌効果とか、体にいいから?』

 

 

Aさん

『違います。

もともとは、水が美味しくなかったから、美味しく飲むために考えられたものなんです。』

 

 

....省略

 

 

というようなやりとりをみました。

 

 

これをみて、

 

全てが“そうだ!!”とは思いませんが

あながちあってるのかもしれないなーくらいには感じました。

 

 

なので日本人はもともと

水の美味しい国なので、本来コーヒーとか

お茶っていうのは不要だったのかもしれませんよね。

 

 

 

僕がコーヒーにハマったわけ

 

 

冒頭で言ったのは、

本来であれば、僕にとってもコーヒーは不要だった、ということです。

 

 

じゃあ、なぜ好きになって飲むようになったのか。

 

 

 

それを語るには前置きとして

 

 

 

僕はその当時、

 

《古着》にはまっていたんです。

 

 

その当時は20代前半で、

 

まだ、かっこいいと思われたい、素敵と言われたい

 

という時期。。。

 

 

わかいですね。

 

 

まぁ、10代くらいの時は誰かに認めてもらいたいという承認欲求が強いものですわ。

 

 

その当時、古着のパンツで

白色というよりも、ちょいベージュ

 

でもベージュじゃないやつが欲しくて

ちょっとだけビンテージ感のあるのがほしかった。

 

※こういうのってほんとにニュアンスなんですよね。。

 

 

でもなかなか見つからなくて、

 

 

結論、「自分で作った方がはやいよね」

 

そこでコーヒーの登場です!

 

 

”え?

 

どこで?”

 

 

 

 

いやいや、

 

もちろん服を染めるためですよ・・・え・・・わからなかったの?

 

 

 

そう、コーヒーで染めたくらいの

ちょいうすーベージュがおしゃれでほしかった

 

 

ネットでみたら、自分でコーヒーの出涸らしから

白い服を染めることもできるということで

 

 

「これなら簡単だし、自分にもできるわ!絶対!!!」

 

と思い、

 

 

コーヒーの出涸らしをとるために

まずはコーヒーを買いにいきました。

 

 

 

で、その時たまたま

 

auの特典だかなんだかで

ポイントがたくさん入って、

商品と交換できますっていうのがあって

 

 

みてみたらなんと!あったではありませんか。

 

コーヒーミルが。

※ミルとは、コーヒー豆をくだく機械です。

 

 

それはミルってわけではなくて、

ふたにミルがついていて、その下に粉がたまり、ドリッパーの役割もになってて....

 

 

説明するの無理!!笑

 

ようはこんなやつ

 

 

エステエール(Estale) オールインワン コーヒーメーカー カフェラベル 260ml シルバー MEK-84

 

僕が持ってたのは、手動のぐるぐる回すのがついてるやつです。

 

 

そして、いよいよ実際にコーヒー豆を買ってきて

挽くことに。

 

 

いざチャレンジ!

 

 

コーヒーをまずは挽いて、ドリップしたら

 

その後にその終わったコーヒーカスを

 

貯めて貯めて。。。

 

 

 

 

それでできた出汁でパンツを浸して、放置!!!

 

 

 

とやったんですが、なかなか染まらなくて

 

んんん〜

 

 

 

ミョウバンをいれるといいとネットに書いていたので

 

さらにもう一度。

 

 

 

そして気づくんです。

 

 

せっかくドリップしたんだから

もったいないし、飲んでみるか。

 

 

と。

 

 

 

これがきっかけです。

 

 

 

その時思ったのは味はともかく、

香りは好きだなって。

 

 

 

コーヒー豆を挽いて

お湯をいれるとふわっと香る、

 

あのコーヒー特有の

 

濃厚な香り、

そしてあの落ち着く感覚。

 

 

 

これは、もしかした美味しいのではないか!!?

 

 

まぁ、苦いっす。

 

 

っというのが最初のコーヒーでした。

 

 

でも、豆から挽いていたので

インスタントとは全然違う。

 

苦味はもちろんあるけど、香りは好きだし、

 

 

なんかいいな。

 

 

と。

 

 

そして他にはどんなコーヒーがあるのだろう?

 

 

もっといろいろ試してみたいな〜

 

 

そう思って、いろんなコーヒー豆を買い漁り

 

 

 

好きなものを集めて、気づいたら

ドリッパー、ミル...etc

 

どんどんコーヒーの道具は増えていき、

 

 

 

今では、なかなかのコーヒー好きになっています。

 

 

 

 

さて、

このことから僕が何が言いたいのか。

 

 

 

趣味とか、

好きになるきっかけなんて、

 

 

 

 

誰にもわからない。

 

 

 

 

そしてもう一つ、

 

 

 

ただ、やってみたいことをやる

 

 

 

上手にとか、うまくやろうとする必要はなくて、

 

 

 

ただただやってて楽しいなーってことを続けていれば

 

 

 

 

気づいたら、その道の第一人者、専門家になっています。

 

 

 

ぜひ、自分のやってみたいかも

 

を大切にしていきましょう!!